喜ばしい人生を

幸せな人生は、健康、所属愛、社会的地位、経済的時間的自由、趣味の楽しみから生まれてくる

【スポンサーリンク】

初心者のためのアドワーズ登録と広告キャンペーンの作り方

f:id:So_delight:20170916164919p:plain

 ブログを書く上で、キーワードプランナーを使用したい人も多いと思います。キーワードプランナーを使用するためには、Googleアドワーズに登録し、かつ少しの金額でも、有料広告を出さなければ検索ボリュームの詳細をみることが出来ません。

 

 初心者の方には、少しハードルが高く思われると思いますが、僕が実践した内容を詳しく説明していきたいと思います

 

 

 

1.Googleアドワーズ

 まず、Googleアドワーズ(以下、アドワーズ)とは、簡単に言えば、Web広告を出したい人のための、Google社が運営するサービスです。ここに登録することで、アドワーズの広告を出すことが可能となります。そのためには、Googleアカウントを取得する必要があり、既にGmailなどでアカウントを持っている方は、それを活用することもできます。

 

1.1 アドワーズ新規登録

 アドワーズのトップ画面に行くと、以下のような画面があります。キャンペーンを受けたい方は以下画像の①②③を入力し、そうでない方は④をクリックして下さい。

f:id:So_delight:20170914094953p:plain

 

 なお、②ロボットではないをクリックすると、以下のように、画像認識の確認を促す別ウィンドウが出てきますので、そちらを識別して下さい。

f:id:So_delight:20170914095052p:plain

 

 次に、キャンペーンを申請する方は、以下の画面で手続きを進めて下さい。

f:id:So_delight:20170914095324p:plain

 

 次は、①メールアドレスの登録と②URLの登録です。

f:id:So_delight:20170914095645p:plain

 

 ①メールアドレスは、GoogleアカウントのGmailアドレスを登録して下さい。Googleのアカウントを使っていると他のサービスとも連携が取れる点はさすがです。

 ②のウェブサイトについては、ご自身が運営しているサイトやブログのトップページを登録すれば良いです。

 

 その後、続行を押すとアカウントにログインする画面が出てきます。

f:id:So_delight:20170914105258p:plain

 

 登録したGmailでログインして下さい。

 

 以上で、アドワーズのアカウント登録が終了です。続いて、継続的にアドワーズのキャンペーン作成の手続きに繋がります。以下に広告キャンペーンの登録について、説明いたします。

 

2.アドワーズ広告キャンペーン

 広告キャンペーンとは、商品やサービス毎に作る広告を管理するための単位で、予算や地域などを設定し、キャンペーンの中に更に広告グループというものでカテゴリ別けできます。

 僕のイメージでは、商品カテゴリがキャンペーンとなり、商品アイテムがグループになるイメージです。

 例えば、電気屋さんで言えばこんな感じです。

キャンペーン グループ
掃除機 ダイソンサイクロン
TOSHIBAトルネード
テレビ AQUOS
VIERA

 

 

2.1 広告キャンペーン作成

 では、早速キャンペーンを作成していきましょう。上記したアカウントログイン後に以下の画面が表示されます。

f:id:So_delight:20170914112918p:plain

※初心者の方は、広告を出すほどの商品や紹介したい内容が無い場合もあるかと思いますが、自身のWebサイトやブログサイトで書いていいる記事どれか一つでも結構ですので、その記事の内容を広告すると思ってください。

 

 

2.1.1 キャンペーンの予算を決めます

 これは一日に最大広告費をどの程度かけるかという予算です。初めての方は、とりあえず、300円/日ぐらいにしておけば良いのではないでしょうか。

f:id:So_delight:20170914113249p:plain

 

 あまり少額すぎると、キーワードプランナーを使用できない可能性があります。僕の場合は、最初500円/円に設定しました

 

2.1.2 広告の掲載対象(ターゲット)を選択します

 ここでは、広告を出す際の条件を指定します。地域、ネットワーク、キーワードとあります。

・地域:どのエリアに広告を出すかを指定します。

f:id:So_delight:20170914114208p:plain

 通常であれば、日本で変更なくて問題ないと思いますが、地域性の高い商品やサービスの場合は、絞ることで効果が高くなります。

 

・ネットワーク:これは、広告を載せる媒体を指定します。

f:id:So_delight:20170914114431p:plain

 ディスプレイネットワークを選択で良いです。これは、どの検索エンジンに広告を掲載するかを指定するものなので、広範囲な方を選んでおけば良いでしょう。

 

・キーワード:これは、検索されたキーワードが設定したキーワードの場合に広告掲載される可能性が高くなります。キーワードは15個~20個の登録となっています。

f:id:So_delight:20170914114817p:plain

 ターゲットの設定が出来れば、「保存」ボタンを押しましょう。

 

2.1.3 入札単価を想定します

 これは、クリックされたときの最大の単価を指定できますが、初心者の方は自動を選んでおけば良いです。

f:id:So_delight:20170914115157p:plain

 入札単価を上げていれば、表示されやすくなりますが一回のクリックでの費用は高くなります。

保存を押しておきましょう。

 

 

2.1.4 広告を作成します

 実際に検索画面などで広告を表示する際のテキストを入力していきます。入力していくと、画面の広告のプレビューが変わっていくのでわかりやすいと思いますf:id:So_delight:20170914115729p:plain

・ランディングページは、広告をクリックされた際に繋がるサイトのURLです。

・広告見出し1、広告見出し2、広告文については、文字数制限もあるので、テキストボックス内の数字を意識しながらテキストを入力して下さい。

 

ここでキャンペーン作成完了です。保存を押して次の継続へ進んで下さい。

 

 

2.2 支払情報入力

  次に進むと、以下のように支払情報を入力する画面になります。順番に必要項目を入力していけば良いです。

 

f:id:So_delight:20170914135508p:plain

・請求先住所の国: 日本

タイムゾーン: 東京

・新規広告主様向けの特典: なにか特典があれば入力してください。無ければ空白で良いです。

・アカウントの種類: ビジネス か 個人 です。

・名前と住所: そのままご自身のお名前と住所を入力

・メインの連絡先: 担当者のお名前、個人の方は、ご自身のお名前で良いです。電話番号、メールアドレスも必須項目です。

・お支払いタイプ: これは自動支払いと手動支払いとがあります。自動支払いは、後払いでクレジットカードから引落されます。手動支払いはプリペイドで、登録したクレジットカードから事前に支払いが決済され、その金額を使用していきます。

・お支払い方法: クレジットカードを登録し、支払い登録完了です。

 

 最後に、Adwords利用規約に同意にチェックを入れた上で、終了して広告を作成ボタンを押すと、広告キャンペーン作成が完了します。

 

2.3 広告掲載 及び一旦停止

 キーワードプランナーを使用するには、実際に広告を出して費用が発生しなければ、詳細なデータを取得できません。

 

f:id:So_delight:20170914141548p:plain

 上の画面のように、広告キャンペーンを作成した時点では、広告自体は有効となっており、設定したターゲットを元に広告が表示されます。クリックされることで費用が発生し、一日の上限金額になれば、自動的に広告が出なくなります。

 しばらくそのままの状態にしておき(ログアウトしてもらって構いません)、1時間から2時間程度後に、アドワーズにログインした上で、広告費用が発生しているかを確認して下さい。

 発生していれば、現在の広告を一旦停止します。(広告を引き続き掲載したい場合はそのまま掲載して下さい)停止方法は、キャンペーン名の左側にある緑色の○をクリックし、一時停止にすることで広告を止めることが出来ます。

 

 これで費用が発生したので、しばらくするとキーワードプランナーの使用が可能になります。僕の場合は、翌日(約半日後)には使用すると詳細なデータが取得できるようになっていました。

 

キーワードプランナーの使い方については、以下の記事を参考にして下さい

www.sodelightsyo.com

 

 また、金額によってだと思いますが、一日の検索回数の上限が決まっているようです。24時間での回数のようですので、最大数に達した場合はしばらくしてからまた検索して下さい。それでもダメな場合は、広告キャンペーンを有効化にして、対応していただければと思います。

 

3. まとめ

 以上で、アドワーズの登録から広告を掲載し、最低限のコストをかけてキーワードプランナーを実際に使用できるようになるまでの流れとなります。初心者の方でもわかりやすくと思い、可能な限り簡単に語句の説明などもしています。実際に使用を考えている方はご参考にしていただければと思います。