喜ばしい人生を

幸せな人生は、健康、所属愛、社会的地位、経済的時間的自由、趣味の楽しみから生まれてくる

【スポンサーリンク】

騰~怪鳥支えし器~

  開眼武将で登場した騰。

今回の特徴は、必殺技による敵軍の防御力Downと思われる。また、必殺技威力UPも技能切り替えで大将と共闘両方にあることから、これらも特徴的である。実際の測定値を参考にまとめてみました。

 

 

1.武将の基本ステータス

限界突破:5凸

f:id:So_delight:20190403144812j:plain

騰~怪鳥支えし器~

HP      :28270        属性  :智
攻撃/秒    :1222        武器種 :剣
攻撃力     :2465        兵種  :歩兵
攻撃速度    :50         地形  :草原
防御力     :812       天気  :昼
移動速度    :175 
兵数      :2000        性別  :男性
会心率     :20%         国家  :秦
一騎打ちGR :A+            所属  :王騎軍
攻撃範囲    :45 

 

 

2.必殺技

 対象対象中心 円形広範囲に攻撃(対[剣]威力UP)

  + [敵軍]全状態異常耐性 & 防御力 DOWN(約10秒)

 

 特徴的なのは、必殺技の範囲が円形広範囲は、録嗚未、王騎に匹敵する広さである。また、相手の防御力DOWNも大きい。DOWNは率ではなく防御力から固定値(得意天候によって固定数を決めているようだ)をマイナスするようだ。元の防御力が引かれる固定値より低い場合は、防御力が1になる。

 具体的には、

  得意天候  「昼」の敵武将は、

    ー540         となり

  得意天候  「昼」以外の敵武将は、

    ー450         となる。

 

 必殺技の威力については、武器種[剣]とそれ以外の敵の場合は、平均で2.7倍程度与えるダメージに違いがあった。実際には2.5倍から3.5倍ぐらいの幅がある。

 

3.大将技能

3.1大将技能①

 

 一定時間 移動封印(大)   (約14秒)

 条件:開戦時   対象:敵軍/兵種「歩兵」+敵軍/兵種「騎馬兵」

 

 実際の測定では、100%ではないが、感覚的には80%以上の確率で移動封印が入った。移動封印は結構使う場面もあるので、技能の一つとして、頭の片隅には入れておきたい。

 

3.2大将技能②

 

 必殺技威力 UP(大)

 条件:常時   対象:自軍

 

 どの程度威力がUPするかは、測定値の平均でしか推し量れないが、実測の平均では127%となった。個別ではやはり会心率の影響もあり、86%~390%程度と波がある。

 

4.個人技能

 一定時間 必殺技封印(大)

 条件:敵を撃破  対象:敵軍  (約14秒)

 

 こちらも確定ではなく、感覚的になるが60%程度でかかる。かかった場合の封印時間は、約14秒である。防御力を下げつつ、必殺技を打たせず、必殺技の自身(または自軍)の威力を増す武将として、面白みがあるが、使い方については玄人好みではないか。

 

5.共闘技能

5.1共闘技能①

 攻撃力 UP (大)

 条件:共闘時   対象:自身&共闘中の武将

 

 共闘では、DPSが自身が127%でパテのメンバーは125%のUPと標準的な上げ幅だと思う。

 

5.2共闘技能②

 必殺技威力 UP (特大)

 条件:共闘時   対象:自身&共闘中の武将

 

 こちらでは、必殺技威力のUPとなり、大将技能②と同じであるが、違いは軍全体か、共闘中の武将2名のみかの違い。

 ちなみに、騰自身の必殺技威力としては、共闘が有る無しでは、平均的には127%与えるダメージが増えた。大将技能②+共闘技能②での合計では、測定では必殺技威力UPがない時と比較して、平均、約180%のUPとなった。

 

6.まとめ

 

5凸 自身 自軍 敵軍
  DPS 与えるダメージ DPS 防御 DPS 防御力
大将技能①            
大将技能②   127%        
個人技能            
必殺効果           -450
共闘技能① 127%   125%      
共闘技能②   127%        
大将②+共闘②   180%        

 ※大将技能②と共闘技能②の表記パーセントは、通常必殺で与えるダメージと比較してのパーセントとなります。

 

 使用した感じでは、それほど強いイメージはなく、特徴的なのは必殺技の広範囲と敵軍防御力DOWNが特徴的と言える。DPSを上げるのではなく、敵の防御力を減らすことが、今後どの程度必要要素となるか次第ではあると思うが、領土戦での活躍はなさそうである。

 

 

他の武将のまとめはこちらをどうぞ

www.sodelightsyo.com